モノをつくるだけでなく、
人との絆もつくる仕事。

PEOPLE 04

RIKU
KADOHORI

門堀 陸

総合政策学部 出身

総合職

CAREER PATH

2017年入社〜現在 
寝装寝具・リビング雑貨の営業担当

01

入社理由

商社らしくない、
商社に惹かれた。

就職活動では当初、広告業界が第一志望でした。しかし、あいにく私には縁がなくて、、、。
自分がやりたいことを考えてみると、海外と関われる仕事がしたいなと思うように。また、ビジネスの最初から最後まで携われることや多くの人と仕事ができることに惹かれ、商社業界に興味を持ちました。総合商社から専門商社まで、様々な商社を見ましたが、人や面接の雰囲気から、「ウマが合う」と感じたのが田村駒でした。「柔らかくて和やか」というのが第一印象で、それまで私が商社に抱いていた「ザ・体育会系」といった印象は全くありませんでした。選考も笑いを交えながらリラックスして臨むことができ、素の自分を出せたので、ここなら自分らしく働けると感じました。

02

現在の仕事内容

売りたいものを、
売りたいように。

入社後はアパレルに携わるものと想像していましたが、配属されたのはライフスタイル製品を扱う事業部でした。この事業部はアパレル以外のあらゆる商材を扱っており、私は寝具やペット用品などの雑貨商品を担当しています。予想外の配属に当初は驚きましたが、早くから一人で色んなことをさせてもらえたので、今となっては良かったです。例えば、取引先から「アウトドア関連の商品を展開したい」と相談を受けたら、社内のデザイナーと連携して商品を企画したり、商品の生産時は納品までの進行管理を行ったり。売るものから自分で企画し、最後までやらせてもらえるのは、面白いですね。そうして、相手の要望に応えながら信頼を獲得し、新たな取引先・取引部署を増やしていくことが、今の私の使命でもあります。

03

仕事のやりがい

会社ではなく、自分自身を
信頼してもらえる。

最もやりがいを感じる瞬間は、取引先から「担当が変わったら、御社と商売しません」という言葉をいただけた時です。取引先としては冗談まじりに言っているのかも知れませんが、それでも営業としては「自分の対応が間違っていなかった」と思える瞬間です。また、仕入先の企業から「門堀さんの仕事だったらやる」と言われることもあり、個人的には仕入先の方にそう言ってもらえた時は格別に嬉しいです。私たちの仕事は仕入先の企業がいなければ成立しません。コミュニケーションが大切なので、連絡を密に取り合い、できるだけ直接会いに行くようにしています。そうやって信頼関係が構築できた仕入先とは、もっと商売を増やせるようにと、つい力が入ってしまいます。

04

苦労する瞬間

営業は売ることだけが、
仕事じゃない。

取引先によっては新店舗を出店した時に全国どこでも、“応援”という形でオープン準備や陳列の手伝いへ行くことがあります(私は九州まで行ったことも)。常に10案件以上は何かしらのプロジェクトが進行しており、そうした案件一つひとつに対応しながら、店頭での作業をお手伝いすることは正直体力的に辛いです。それでも応援に行った時、取引先の方から喜んでもらえたり、作業を手伝いながら絆が深まったりすることは嬉しいです。頑張った分やって良かったと思うこともたくさんあるので、やっぱり応援には行ってしまうんですけどね。

EPISODE

挑戦エピソード

取引先のピンチを、
チャンスに。

コロナ禍となった時に、まだ会社としても取り扱ったことのない「マスク」や「衛生手袋」を手掛けたことが印象深いです。きっかけは、得意先の一つであるホームセンターからの問い合わせでした。「門堀さん、マスクって手配できます…?」と相談があって。その時は日本中でマスクが不足している状況でした。話を聞いて、これからマスクのニーズが高まることが予想できましたし、何より得意先がかなり困っていたので、何とかしようと思いました。そこで、普段から取引のある中国のあらゆる工場に連絡し、マスクをつくれる工場を探しました。次に衛生商品の輸入に関する検査や基準なども勉強し、日本に輸入できるよう手配。3週間で依頼いただいた枚数を用意することができました。得意先に喜んでもらえたことはもちろん嬉しかったですし、普段と異なる商品を扱うことで、商材ごとの売れ方の違いなども知ることができました。

05

田村駒の魅力

人も制度も、温かい。

社風が穏やかで殺伐としておらず、社内での熾烈な競争などがないところです。また、先輩・後輩の壁をそこまで感じないので、プライベートでも近い年代での交流が多かったり、気軽に様々な相談ができたりと、働きやすい雰囲気だと思います。私の所属部署では、年齢がかなり離れた上司でも気さくな方が多く、話しやすいので、本当に有り難いです。また研修や福利厚生制度についても、個人的な満足度はとても高いです。海外研修制度で私はベトナムと中国に行くことができ、異国の環境で働けたことは非常に良い経験でしたし、独身寮や結婚後の家賃補助制度なども充実していると思います。

06

これからの目標

より多くの人と、
大きな仕事を楽しみたい。

直近の目標は、自分に任された目標予算の達成です。また長期的には、担当している大手得意先との取引を拡大し、会社の収益の柱にできるような取引先にしたいと思っています。そのためには、常にアンテナを張り続けて時代の流れに沿った提案を続けていき、繊維製品に固執せず広い視野を持つことが大切だと思っています。様々な商品を取り扱い、提案の幅を広げていきたいですね。また、国内外を問わず人脈を広げられる仕事なので、世界各国を生産拠点として視野に入れ、より多くの人たちと協力し合える関係性を築くことも目標の一つ。何より、どんな時も楽しむことは絶対に忘れません!

COLUMN

ひとことコラム

仕事をする上でのこだわり

効率です!メールより電話の方が早いので、1日に50〜60件は電話をしています。

私の強み

「話しやすい」ことだと思います。学生時代から今まで、色んな人に相談される方だと思います。

今の売上目標

任されている金額はおよそ8億円。正確には上司と合わせて16億円ですが、やりがいのある数字です!

PEOPLE

社員紹介

挑む人たち。

PEOPLE 01

SHOHEI
TSUJI

辻 翔平

総合職

PEOPLE 02

CHIHIRO
LIA

リア 千尋

総合職

PEOPLE 03

MIE
KIKUCHI

菊池 美江

一般職

PEOPLE 04

RIKU
KADOHORI

門堀 陸

総合職

PEOPLE 05

JUNKI
NAKAMURA

中村 純基

総合職

PEOPLE 06

TAKUYA
HORIE

堀江 拓也

総合職

  • PEOPLE 06

    TAKUYA
    HORIE

    堀江 拓也

    総合職

  • PEOPLE 01

    SHOHEI
    TSUJI

    辻 翔平

    総合職

  • PEOPLE 02

    CHIHIRO
    LIA

    リア 千尋

    総合職

  • PEOPLE 03

    MIE
    KIKUCHI

    菊池 美江

    一般職

  • PEOPLE 04

    RIKU
    KADOHORI

    門堀 陸

    総合職

  • PEOPLE 05

    JUNKI
    NAKAMURA

    中村 純基

    総合職