2016/07/11

田村駒<上海>紡織品 上期は売上高微増へ/田村駒

田村駒<上海>紡織品の今年上期の売上高は、前年同期に比べ微増する見通しだ。

カットソー生地の独自ブランド「フィルジータ」の投入効果で日本向け製品ODMと

生地の内販が堅調だったことが寄与する。

内販はフィルジータと日本製カットソー生地、アウター用レースがともに堅調に推移する。

フィルジータは昨年から、日本本社と協力しながら日中両市場を意識した製品を合弁工場や

協力工場との取り組みを通じて開発している。生産の難度が高く、価格も競争力もあり、

日本、内販向け双方の重要な商材になりつつある。

 

繊維ニュース 平成28年6月17日