「意志あるところに道は開ける」

商社は「人」。
自ら意志を持ち、
環境変化をチャンスと捉え、
進んで挑戦していきます。

田村駒株式会社は、1894年に洋反物商「神田屋田村商店」を創業して以来、127年以上にわたり、その時代に必要とされる製品の企画・生産・販売に従事してまいりました。昨今の新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けて世の中は大きく変化し、テクノロジーの進化と合わせて人々の消費動向も急速に変化しています。そういった環境の変化をチャンスと捉え、従来から得意とするものづくりに、テクノロジーを掛け合わせた新たな価値を創出し、生活文化向上に貢献します。

私は、商社は「人」と考えます。『意志あるところに道は開ける』― 自ら意志を持ち、“誠実・丁寧・初心”を忘れず、真摯にお客様と向き合い、常に挑戦し、様々な価値観や経験を持った多様な人財が、最大限に力を発揮できるよう環境づくりにも力を入れています。

田村駒の基本はその時代の生活に密着したモノやサービスによってお客様に喜んで頂くことです。私たちはスローガン『「Value Up For Next Stage」~更なるグループ価値向上を目指して~』を軸に、グループ総合力で新たな価値を創出し、社会及び顧客に貢献するサスティナブル企業を目指していきます。

代表取締役社長 植木博行

経営理念

  1. 変革と創造で顧客信頼度NO.1企業

    田村駒はお客様には誠実・懇切に接し、
    大いなる変革と創造により顧客信頼度NO.1の企業を目指します。

    01
  2. 豊かなライフスタイルで
    生活文化向上に貢献

    田村駒はものづくりを通じ、豊かなライフスタイルを実現し、
    生活文化向上に貢献する企業を目指します。

    02
  3. 繊維のプロでグローバル企業

    田村駒は繊維のプロを目指し、国境を越え、
    お客様に満足して頂ける商品を提供するグローバル企業を目指します。

    03
  4. 人の和―社員の自主性と能力尊重

    田村駒は人の和を尊び、社員の自主性と能力を尊重し、
    社会に認知され、信頼され、限りなく発展し続ける企業を目指します。

    04
  5. 積極的堅実で企業価値向上

    田村駒は限りない前進と、自戒を忘れない積極的堅実を着実に実践し、
    真の企業価値向上を目指します。

    05

行動指針

会社が目指すべきこと

  • 質の高いサービスを提供します。
  • 経営基盤の安定を図ります。
  • 活力ある企業風土を作ります。
  • 人材育成に注力します。
  • 社員の生活向上を目指します。
  • 株主の期待に応えます。
  • 社会に存在意義を発揮します。

我々が目指すべきこと

  • お客様の満足と信頼を勝ち取ります。
  • 繊維のプロを目指します。
  • 自己研鑚、自己革新に努めます。
  • 機敏に行動し常に新しい事に挑戦します。
  • 柔軟な発想で新たな可能性を追求します。
  • 公明かつ公正な活動を実践します。
  • 田村駒の経営理念に沿って行動します。