2020/11/18

田村駒 非繊維事業も増える 手芸材料など新市場開拓

田村駒は今期が中期経営計画の最終年度となるが、川下顧客攻略、非繊維ビジネスの拡大、海外での生産・販売の強化の三つを営業面の基本方針に掲げ、新たな市場の開拓や取り組みが進んできた。

川下顧客攻略では、主力ターゲットとする大手SPA(製造小売業)専門店やセレクトショップと取り組み型ビジネスを拡大してきたが、上期は顧客の店舗閉鎖などで苦戦した。一方で中国やベトナムを中心としたサプライチェーンを生かし、衛生材料や医療特需を取り込んだ。また巣ごもり需要や前期設立したツクリエを軸にした均一価格ショップ向けの手芸材料の販売などの新市場を開拓した。

非繊維事業の拡大では家電関連で、大手家電メーカーの海外シフトに合わせ、グループ会社や現地法人との連携で事業を広げている。中国では前期に設立した家電組み立て工場が本格稼働し、タイでは物流機能を絡めた部材販売が増えた。

海外での生産や販売戦略では、生産面では前期設立したバングラデシュのダッカ駐在員事務所が機能して生産ロスを削減、収益面で貢献した。また昨年末に買収したセイコー電機製作所グループは、マレーシアの拠点を活用した東南アジアでの生産・販売に力を入れており、増収・増益で推移している。

21年3月期の連結業績は、売上高1020億円(前期実績1111億円)、営業利益21億円(26億円)、経常利益22億円(26億円)、純利益13億円(16億円)の予想。

2020年11月18日 繊研新聞